踊るOL。

 肉を囲んで踊るよGO!GO!

【移行済】奥田浩美姐さん×野呂エイシロウさんが天狼院に殴りこみ!
※当記事は、新しく立ち上げたブログメディア「マナビシェア」に移行済みです。

奥田浩美さん×野呂エイシロウさんが天狼院に殴りこみ!会社員じゃないのに『会社を辞める選択』とは?

ぜひご覧ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |
Discover Book Bar #27 ゲスト:株式会社Waris代表取締役 田中美和さん
ワーキングマザー
photo credit: Quick! Bring out the baby! via photopin (license)

毎月恒例、Discover21社さん主催のBookBar。
今月は、株式会社Warisの共同代表、田中美和さんがトークゲスト。

企業×ワーキングマザー」の新しい働き方を提案する同社は、共同代表として3人で経営されているそう。

美和さんとは何度かお目にかかったことがあるものの、しっかりお話を伺うのは今回がほぼ初めてでした。
彼女はDiscover21から著書も出していらっしゃるので、今回はその本の内容がテーマ。
 
というわけで、トークタイムでメモした内容の一部をシェアします!
 

■もっとダイレクトに女性と向き合いたい→記者からキャリアカウンセラーへ


新卒で日経BP社に入社し、日経WOMANの記者として10年以上活躍される中、3万人以上の働く女性の「リアルな声」に接してきたそう。

そんな中、自分が取材した記事によってキャリアチェンジした女性の話を聞いて、嬉しくなったそうです。

でも、雑誌はあくまで「メディア」。
読者に直接何かサポートできるわけではありません。

美和さんは、課題を感じている女性ともっとダイレクトに向き合いたい!という想いを抱くようになり、キャリアカウンセラー資格を取得。

記者経験を活かしてフリーのライターをしつつ、キャリアカウンセラーとして働き始めたそうです。
 

■フリーランスになるときの、迷いや不安の乗り越え方


女性の働き方を変える仕事がしたい、それも一時的なものではなく、仕組みを作りたいと考えた美和さん。

新しいことに挑戦したい!という気持ちを持ちつつ、やはり10年以上続けた会社を辞めて働き方を変えるときには、不安や迷いがあったそうです。

(仕事とお金はどうやって得ればいいんだろう?)
(フリーランスの社会的立場って?将来は??)

その迷いや不安を乗り越えるために美和さんが行なったのが、以下の2点です。
  1. まずはフリーランスの先輩たちに徹底リサーチ
  2. 「サバイバル金額」を見極める

1)は記者をやっていた経験を活かした形ですよね。
2)の「サバイバル金額」とは、要するに「1ヶ月にどれくらいお金がかかるのか?」ということ。
コレを知っておくことはとても大切とのことでした。

1ヶ月分のレシートをとっておいて、自分が1ヶ月でどれくらいお金を使っているかを把握したそうです。
(結果、月20万円くらいあればOKと算出)

この2点を実行することで、
一度しかない人生。やりたいことは、やりたいうちにチャレンジしよう!
と思えるようになったとのこと。
 

■「私らしいキャリア」を構築するポイント


スライドに映された「62%」の文字。
何の数字でしょう?と会場に問いかける美和さん。

実はこの数字、日本で「第一子出産前後に仕事を辞める女性の割合」だそう。

さらに仕事を辞めずに続ける子育て中の女性は、様々な課題に直面します。
  • 長時間労働
  • 働く時間と場所の固定化
  • キャリアダウン などなど

この課題を解決したい!というのがWarisの設立背景とのこと。


女性に限らず、ここ10年くらいで働き方はずいぶん多様化しましたよね。

そんな時代に「私らしいキャリア」を構築するためのヒントとして、スタンフォード大学のクランボルツ教授が提唱している
計画された偶発性理論」(Planned Happenstance Theory)
というキャリア理論が紹介されました。

ものすごーくザックリいうと「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されるので、変化をプラスに変える力が必要である」という感じ。
 
■編集後記■

いかがでしたか?

ワタシ、このブログでも何度か書いているとおり、自他共認める声フェチなんですが、美和さんの素敵な声にフワーッと癒やされました(本編と関係ない)


BookBarはお酒を片手に本について語り合うのがコンセプト。
今回は学生さんもチラホラいらしていて、みなさん楽しそうにしてくださっていて嬉しかったです(社員か!w ちなみにBookBarの企画運営のお手伝いをチラッとしているんです)


美和さん、D21社員の皆さま、参加者の皆さま、ありがとうございましたー!
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |
【カンタン&無料でできる!】待ち合わせ場所の共有はSkitch+Googleマップが便利。
skitch&map top
photo credit: Wrong Way via photopin (license)

お互いに慣れない場所での待ち合わせ、未だにドキドキするのはワタシだけでしょうか?

携帯電話・スマートフォンの普及により、待ち合わせして会えない、ということはほとんどなくなったとはいえ、どうせならスムーズに待ち合わせしたいですよね!

駅の改札など分かりやすい場所であれば問題ありませんが、複数路線が乗り入れているターミナル駅や、それ以外の場所で待ち合わせる場合は、
  • 分かりやすい待ち合わせスポット(東京駅の「銀の鈴」、新宿駅の「アルタ前」、渋谷駅の「ハチ公前」など)
  • 具体的な住所を指定
というケースが多いのではないでしょうか。

分かりやすい場所ならともかく、特に方向音痴な 女性と待ち合わせるときは注意が必要。ええ、ワタシの周りには「地図の読めない女」がたくさんいますw


そんなときにオススメなのが、「待ち合わせ場所をマークした地図をメールで送る」ことです!

やり方はカンタン&無料です。ぜひ迷える子羊に、以下の方法で愛の手を差し伸べてあげてください(笑)
 

1)Skitchをダウンロード・インストールする

まずはEvernote社からリリースされている「Skitch」というアプリをダウンロードし、インストールしましょう。



いずれも無料なので安心ですね!

※インストールする際、Evernoteのアカウントが必要になります。
Evernote、超ベンリなので、まだアカウントを持ってない方は、この機会にセットでインストールしちゃいましょう。

※すでにインストール済みの方は(2)に進んでください。
 

2)地図サイト・アプリで待ち合わせ場所を検索する

続いて、待ち合わせしたい場所をGoogleマップ等の地図サイト or アプリで、待ち合わせしたい場所を検索します。

検索方法は、左上の検索ボックスに待ち合わせ場所の住所や最寄り駅の名前を入れて「検索」ボタンを押せばOK!……って分かりますよねw
 

3)スクリーンショットを撮って、画像を保存

2)で表示させた地図のスクリーンショットを撮ります。

PC版のSkitchは「画面キャプチャ」メニューがあるので、それを使います。
もちろん、通常のスクリーンショットでもOK。
  • Windows8:Windows+Prt Scr(ノートPCなど一部では左記+Fn)
  • Windows7:PrtScr+Fn
  • それ以前のWindows: Alt+Ctrl+Prt Scr 
  • Mac:Command+Shift+3(画面全体)/Command+Shift+4(部分選択/スペースキーで調整可)

ま、PC版ならSkitchのキャプチャ機能を使うほうがラクですね。

スマホは画面のスクリーンショットを撮るのがラクです。
(iPhoneの場合、○ボタン+電源ボタンで撮れます)

ポイントは「分かりやすい建物を含める」こと。
あまりにズームしすぎた地図だと、目印となるモノがないので、かえって逆効果になることも^^;

 

4)Skitchでマーキングする

3)で撮った地図画像をSkitchで開きます。
(PC版でSkitchのキャプチャ機能を使った場合は、スクリーンショットを撮った時点でSkitch上に表示されます)

マーキングといってもオオゲサなことはせず、待ち合わせ場所に○を付ける程度。
時間をかけずにサクッと作りましょう。

skitchマーキング済マップ

最寄りの地下鉄出口などを書いておくと親切です♪
 

5)画像を保存し、待ち合わせ相手に共有する

4)の画像を保存します。

PC版のSkitchは、メニューバーの「ファイル」>「エクスポート」で保存できます。
アプリ版のSkitchはもっとカンタンに保存できますね!


この画像を待ち合わせ相手に送ればOK!
万が一迷っても、スマホの地図アプリで現在地を調べ、この画像と突き合わせれば、さすがに分かるんじゃないかと思いますw
 
■編集後記■

いかがでしたか?
「近くにいるはずなのに、なかなか待ち合わせ相手に会えない・・・」なーんてお悩みの方にはオススメの方法かと!

ワタシは普段、どこかに出かける際はGoogleマップで事前に検索してから向かいます。
せっかく検索したんだから、検索結果を待ち合わせ相手にもシェアすればいいんじゃないかな?と思ったのが、今回の記事を書くキッカケです。

記事では細かいステップに分解して紹介しましたが、慣れてしまえば2〜3分で共有できますよ!


ではまた!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |
【移行済】奥田浩美姐さん講演「戦略的に生きていく創造的会社員のススメ」@八重洲ブックセンター
※当記事は、新しく立ち上げたブログメディア「マナビシェア」に移行済みです。

奥田浩美さん講演「戦略的に生きていく創造的会社員のススメ」@八重洲ブックセンター

ぜひご覧ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |
ビックリマークを使うメリット・デメリット。文字に感情を込めよう!
150226_ビックリアルパカ
普段、何か文章を書くとき、ビックリマークって使いますか?
  「!」ですね。正式名称は「感嘆符」、英語だと「エクスクラメーション・マーク (exclamation mark)」と呼ばれます。

主に感動・興奮・強調・驚きなどの感情を表すため、語尾に付けるのが一般的ですよね。
 

今日は、ビックリマークを使うメリットとデメリットについてご紹介します。
 

ビックリマークで感情を表現する

まずは以下2つの文章を見比べてみてください。

「今日は久しぶりに**に行きました。安定の美味しさ。旬の食材もふんだんに使われていて、春を堪能できました」

「今日は久しぶりに**に行きました!安定の美味しさ。旬の食材もふんだんに使われていて、春を堪能できました!!」


読み手にもよりますが、少なくともワタシは2つめの文のほうが「美味しさ」が伝わってくると感じられます。
1つめの文は日記的というか、出来事を淡々と書いているだけなので、「そっか……で?」と思ってしまうかも。
 

上記はFacebookやTwitter等のSNSの書き込みをイメージして例を挙げましたが、メールも同じです。
 

「お誘いありがとう。楽しみにしています」

「お誘いありがとう!楽しみにしています♪」


いかがでしょう?感嘆符の仲間ということで「♪」も使ってみました。

ワタシの場合、1つめのメッセージを受け取ったら「意外と楽しみじゃないのかな……」と勝手に不安になります(小心モノなのでw)
 

何か嬉しいと思ったら、楽しさを伝えたいなら、積極的に「!」を使って、文章に感情を乗せてはどうでしょう?
 

感情を表す表現のバリエーション

前項で「♪」の使用例(ってほどオオゲサではないですがw)を挙げました。

他にも感情を表す感嘆符etc.はイロイロあります(あくまでワタシの例です、念のため)

 
前述の通り。2〜3つ同時に使うことも。
「大学受験合格した!!!」等、好みはありますが、ワタシは2つ以上使う際は半角にすることが多いです。
嬉しさを表すときに使うことが多いです。ルンルン気分(古っ)みたいな。「!」を多用し過ぎてるな…という時に代用することも。
…! より強い感情表現として使います。「何卒よろしくお願いいたします…!」という感じ。
「…」のみだと、残念・ガッカリ等、反対の気持ちを表します。ちなみに、「……」と2回続けるのが正しい表現だそう。
ッ・っ 何らか高ぶった(笑)ときに使います。
「とにかく早く肉が食べたいッ」(←現在の願望)
てへぺろ的な感じ or ちょっとイヤミを言いたいときにマイルドにするために使います。
「今日も寝坊しちゃった☆みたいな人を見て、ないわーと思ってるのが今」(フィクションですよ、フィクション)
(笑)

w
もともと「w」は2ちゃんねる用語だったような気がしますが、一般的になりましたね。
ワタシの印象ですが、「w」はイヤミっぽく捉える人も多いのかな、と。ワタシも全然オモシロくない話に「www」がついてるとちょっぴりイラッとしちゃうぞ☆(相手によります)

まだまだありますが、ワタシがよく使う&見かけるのはこれくらいかな。
 

仕事上で使う際はリスクを考慮すべし

超アタリマエですが、仕事上のメールで使うのは基本的には控えたほうが無難です。
 

個人的な印象ですが、営業メールに「!」が多用されていると、ワタシは問答無用で迷惑メールに振り分けます………
 

ただ、相手がフランクな方で、何度もやりとりしている場合はアリかもしれません。
ワタシも社内メールの場合は、たまに「!」を使います(それ以外は不使用)
 

また、今回の記事を書くにあたってイロイロ調べている時に発見してビックリしたんですが、受け手によってはネガティブに捉えられることもあるのだな、ということは認識しておいたほうが良いかもしれません。
 

ちょいちょい話題になる「発言小町」にこんなトピックを見つけて2度見。
 

<引用ココから>

タイトル:「よろしくお願いします!!」←怒ってるの?

29歳のOLです。

トピのタイトル通りなのですが、メールや文書の語尾にやたらと「!!」(エクスクラメーションマークですっけ?俗にいうびっくりマーク)をつける人が苦手です・・・

読んでいて、「何か気に障ることでもしたっけか」と微妙な気持ちになります(笑)
私の周囲ではこの傾向は男女問わない気がしますが、何を意図しているんでしょうね?

(右記より抜粋: http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/1108/155481.htm?o=0

<引用ココまで>

お、怒ってるって捉える人もいるのね……と衝撃がw
 

結論:感嘆符を使うと無機質な文章に感情を乗せることができる!けど、相手の反応やTPOを考慮しましょう。


■編集後記■

ビックリマークと同様、顔文字もメリット・デメリットがありますよね。
ワタシが普段使うのは、(>_<) (〃∇〃) (´・ω・`) (^^) (≧∇≦) ^^; くらいかな。
 

挙げてみると結構使ってますねw
どこで見つけたんだろう?というくらいイロイロな顔文字を使う友人がいるんですが、最初は戸惑いました(というか、若干ひいたかもw)
 

感嘆符も顔文字も、もともとコミュニケーションを円滑にするために生み出されたモノのはず。
お互い気持ちの良い使い方をしたいものです。
 

ではまた!ふとメッセを見返したとき、あまりに「!」が多くて、ちょっぴり恥ずかしくなった踊るOL(@jaggyboss)でした!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(1) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |
懇親会・パーティーに参加するときに気をつけたい3つのポイント。
150225_Party01
photo credit: Champagne via photopin (license)

パーティー、好きですか?
「パーティー」って言うとオオゲサだけど、要するに大人数(20人以上)が集まる懇親会などの集まりだと考えてください。
一時期流行っていた「異業種交流会」や「街コン」も含まれます(最近ワタシの周りではあまり耳にしませんが)

ワタシはよく「そういう場所、得意でしょ?」と言われますが、実はすごく苦手です。
8人くらいまでならゆっくり話せるけど、それ以上になると挨拶程度しかできないな…と感じているからです。
(理想は6人までかなーと思ったり。8人だと、4・4に分かれちゃうケースも多いので)


とはいえ、社会人になってから、そういうパーティー・懇親会に参加する機会が増えたのも事実。
「人見知りだから…」と尻込みするのはモッタイナイので、せっかく参加するなら有意義な時間にしよう!と、普段気をつけている&誰にでもできるポイントをまとめてみました!
 

自己紹介は短めに

初対面の相手とまず最初に行なうのは、名刺交換&自己紹介です。
いろいろな人が集まる場で、長々と自己紹介するのは迷惑ですし、覚えてもらえない可能性が高くなります。

ポイントは2つ。
  • 30秒〜1分以内にまとめる
  • 自分自身にキャッチコピーを付ける
です。

会社名刺だと難しいかもしれませんが、フリーランスの方は名刺デザインを工夫するのもオススメです。
ワタシも個人名刺に、とあるキャッチコピー(?)を印刷していますが、たいてい面白がってもらえますよ!

自己紹介の内容は、たいてい名前+仕事(+趣味やプライベートの活動)の話がほとんど。
「自分が何て言われたら印象に残るかな?」と考えて、一言付け加えるだけでも、印象はガラッと変わります。
 

2回めに会う相手にも名乗ろう

よくアリガチなのが、
「あー、あの人、前にもどこかのパーティーでお会いしたんだけど…名前、何だっけ?」
というシーン。

記憶力がズバ抜けて良い人は別にして、一度名刺交換した程度の相手ではなかなか顔と名前が一致しない…という方も多いのではないでしょうか。

自分は相手のことを覚えているのに、相手が明らかに自分のことを忘れている場合…ちょっと淋しいですよね。
この「ちょっと淋しい」を無くすためにオススメなのが、
2回めの相手にも、自分から名乗る」ことです。

ポイントは「出会った場所+名前」をセットで伝えること!
ワタシはよく「先日**の会でご挨拶させていただきました、肉の好きなツツイです!」とご挨拶するようにしています。

そうすれば、「あ、この人、ワタシのこと覚えてなかったんだ…」的な気持ちを味わうこともありません(笑)
 

料理は諦める or 最初にガッツリ

以前、一緒にパーティーに参加した友人がポロッと
「私、こういうパーティーでは食事するの諦めているから、後で2次会しよう」
と誘ってきて、目からウロコだった経験があります。

確かにその友人はドリンクのみを持って、スマートに周りの出席者と会話を交わしています。


が、しかし!
決して安くはない参加費を払って、美味しそうな料理を食べないなんてッ!

とイヤシい考えを持っているワタシがオススメするのは、
最初にガッツリ食べてから、周りとの交流を楽しむ」ことです!

ブロガーさんはイベントに参加する際、料理の写真を撮って、後でブログに載せたりしますよね?
その観点から見ても、お皿が荒らされないうちに料理写真を撮れるメリットもあります(笑)


……え? 最初に料理を取りにいくなんて、がっついていると思われそう??

だったら、いさぎよくスパッと料理は諦めましょう(笑)
 
■編集後記■

いかがでしたでしょうか?
コレってビジネス的な懇親会・パーティーだけでなく、ビュッフェ形式の結婚式2次会等でも活用でますよね!(あ、料理の部分だけかw)


ちなみに、貸し会議室などでセミナー → 同じ会場でケータリングで懇親会というパターンもよくありますが、料理内容は超重要ですぞ!量が少なすぎるのは論外ですが、内容にも気を遣うべし!です。
せっかくセミナーが素晴らしくても、懇親会の印象が悪くては元も子もないですよね。

女性ウケも抜群、見栄えも味も◎なイベント向けこだわりケータリング・デリバリー3選(東京)

ではまた!
肉があればたいてい許せる踊るOL(@jaggyboss)でした!



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | 目指せデキるOL。 | |TOP↑ |