踊るOL。

 肉を囲んで踊るよGO!GO!

<< 勝負の週末! | main | どうそうかい、しゅうりょう。 >>
ブレイブ・ストーリー(映画)
今日はココでもさんざん絶賛しまくった宮部みゆきさんの小説「ブレイブ・ストーリー」の映画版を見に行きました。

いやー、解ってるのにやっぱ号泣しちゃいました。
原作ファンは「ハショりすぎ!」とか「2時間に納めるのはムリ!」と言う方もいらっしゃるようで、私も同感だったんですが。
今月の日経エンタ!で、宮部さんが劇場版について語ってらっしゃって、
「よくアレを2時間にまとめたな、って思います」とか
「原作では書ききれなかったミツルのことを、キチンと書いてくださって」
なーんておっしゃってたので、「んじゃ見に行くべ!」と。ええ、単純ですが。

声優陣が面白かったです。
主人公ワタルを松たか子さん、キ・キーマを大泉洋さん、ミツルをウエンツ。

原作ではミーナがもっとクローズアップされてたんですが、劇場版は代わりにカッツ(声:常盤貴子さん)がクローズアップされてました。

他にも今井美樹さん、柴田理恵さん、伊藤四郎さん、北陽の2人などなど。
そりゃプロの声優さんを使ったほうが良いと思うし、芸能人を声優として起用するのは話題づくりだとは言え、今回のメイン3名+カッツの声、ハマってたと思いますv


結末は小説と結構違うところもあるんですが、ラスト近くのワタルとミツルのシーン、あれでもう号泣ですわ。
いや、ぶっちゃけ1番最初のタイトルんとこで既に泣きそうでした(笑)
運命の女神とワタルのシーンでも泣けたし、オイオイ、26歳が1人でアニメ映画見て号泣ってヤバイんじゃないの!?と思いつつ、ボロボロでした。

でもね、劇場には子供連れも多かったけど、大学生くらいの男の子2人組が結構いたり、サラリーマン風のスーツ着たオジサマが1人でいたり。
なーんだ、みんな結局泣きたいんじゃん!って微笑ましく思ったのでしたー。


原作が好きな作品を映画化して、納得したのは今までで「ロード・オブ・ザ・リング」くらいですが、コレも納得!
原作は文庫で上・中・下と3分冊なので、読書が苦手な人にはちょいとハードル高いかも。
それなら劇場版がオススメです☆
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(2) | 踊るOL。舞台を観る。 | |TOP↑ |
宮部みゆきの本て、長くて細かくて読むの大変だから模倣犯とかも素通りして、短いミステリーしかよんだことないけど。
なんだかとっても絶賛する踊るOLさんに影響され、
さっそく、ブレイブストリーの原作を買ってきました。
まだまだ最初だけど、どきどきです。
はまりそう!
| はるっこ | 2006/08/13 6:33 PM |

>はる
別に「踊るOL」って呼ばなくて、フツーで大丈夫よ?(笑)
ブレイブ〜はマジオススメ!
下巻は絶対電車ん中で読んじゃアカンよ!号泣するから!
| ボス。 | 2006/08/14 12:12 AM |










http://jaggyboss.jugem.cc/trackback/800
映画好きの徒然なるままに
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。
| 映画好きの映画好きによる映画好きのための... | 2006/08/17 8:48 PM |