踊るOL。

 肉を囲んで踊るよGO!GO!

<< お買い物。 | main | 風邪、大旋風☆ >>
NODA・MAP「贋作・罪と罰」
今年初の観劇は野田秀樹さん率いるNODA・MAPの舞台でした。

この作品は10年ほど前の作品の再演で、初演は大竹しのぶさんが主役。
今回の主演は松たか子さんでした。
共演者は、古田新太さん、段田安則さん、宇梶剛士さん、マギーさんなど。
もちろん野田さん本人も出演されてました。


場所はシアターコクーン。
舞台が中央にあり、客席が四方を囲んでいて、ものすごくシンプルな舞台装置でした。

内容はネタバレになるんでココには書きませんが、素晴らしかった!
松さんと古田さん、やっぱすごいです。

舞台装置で印象的だったのがエアクッション。
梱包材に使われる、いわゆる「プチプチ」と呼ばれてるアレ。
最初は舞台上いっぱいに1枚の大きなプチプチが敷かれているかと思えば、プチプチに包まれた柱(中に蛍光灯が仕込んであります)が扉になったり、部屋を囲む柱になったり、ラストシーンでは、松さん演じる英と古田さん演じる才谷の次元を分ける役割を果たしたりと、大活躍。


ストーリーは去年観た「走れメルス」に比べると解りやすかったです。
英が罪を犯すときの声とか、才谷と最後に向き合う時の嗚咽とか、松さんの鬼気迫る演技に圧倒されっぱなしでした。
この人はやっぱり舞台人なんだなぁと改めて気づかされます。
印象的だったのは、今回の舞台は演じてない時も袖にはけるのではなく、舞台の周りに置かれたイスに座って出番を待つんですが、そのときの彼女の姿勢の良さ!背筋がピンと伸びて、「凛とした」という言葉がピッタリでした♪

古田さんはシリアスな今回の舞台でもアドリブがステキ☆
段田さんが笑いを堪えてて、ウケました(笑)
野田さんのアドリブもすごくて、英の父親に対するアドリブではご自身もビックリしてた?(笑)
ただ、野田さんの声が枯れてたのがちょっと残念。
セリフが聞き取りづらいところがありました。

いやはや、新年早々いいモノを観ることができました♪


1つだけツッコミを。
出演者達の靴にどーしても違和感が。
松さん、アディダスのスニーカーだし、野田さんはナイキだし。
一応、時代モノなんだからさ…雪駄を履けとは言わないけど、せめて無地の黒スニーカーにしてほしかったです…。
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(17) | 踊るOL。舞台を観る。 | |TOP↑ |
TBありがとうございます。
せっかくなのでこちらからもしておきます。
私は関西公演も行きますので(というか関西人なので)関西公演で劇場が変われば演出がどう変わるか楽しみです。
| けいた | 2006/01/09 12:08 PM |

TBありがとうございます。
せっかくなのでこちらからもしておきます。
私は関西公演も行きますので(というか関西人なので)関西公演で劇場が変われば演出がどう変わるか楽しみです。
| けいた | 2006/01/09 12:14 PM |

TB有り難う御座居ます!
『ぷちぷち』面白かったですね〜。
私が残念だったのは、やっぱ声ですね。
席があんまりよくないっていうのもあるんですが、背中を向けて喋られると何て言ってるか聞こえなくて…。

でも初めてのNODA MAPはめちゃくちゃ楽しかったです〜。
| さぶ | 2006/01/09 12:24 PM |

はじめまして。トラックバックありがとうございました。
私も松さん、古田さんには圧倒されました。演技力も確かだし、華もありますよね。
このお芝居は想像以上に見に行った甲斐があったと思います。
もう一度見に行く予定なので、次回は違う視点で見れるかなと楽しみにしています。
| hikarukimi | 2006/01/09 12:44 PM |

初めまして!TBありがとうございました。
また再来週にもう一度見る予定ですが、今度はも少し違った目で見られるかが楽しみです。
| くまのすけ | 2006/01/09 12:52 PM |

はじめまして。トラックバックありがとうございました。
心に残る舞台でしたよね。
ラストシーンの雪原が美しく、胸にせまりました。
こちらからもトラックバックさせてください。
| いわい | 2006/01/09 10:12 PM |

TBありがとうございます。
初めて訪れさせていただきました。
いい意味でも悪い意味でも色々と考える事の出来る舞台でございました。
よろしければ、いつの日かコメントでも寄せてやってくださいませ。
それでは、ご挨拶まで。
| TANNIE | 2006/01/10 1:01 AM |

皆さまコメント&TBありがとうございます!
やっぱ野田さんの舞台は反響デカいっす(笑)

うーん、私ももう1回くらい観たいなぁ。戯曲買ってくれば良かったです。

>いわいさん
雪原、ステキでしたよねー。
私は、小判がキラキラ降ってくるシーンが印象的でした☆
| ボス。 | 2006/01/10 9:52 PM |

はじめまして、トラバありがとうございます!

2回観に行ったのですが、両方とも段田さんに釘付け。
舞台の使い方がすごく面白かったし、
所々に見える「野田」色にどきどきしっぱなしでした。

私もやっぱり靴、気になりました。
あの白い線がチラチラ見えてしまって…
うーん、残念。
| レナ | 2006/01/11 9:45 PM |

>レナさん

コメントありがとうございます!
やっぱ靴!気になりましたよねー…。

私ももう1回観たい!
野田さんの舞台って、やっぱ1回観ただけじゃアタマが追いつきません(笑)

また遊びに来てくださいね☆
| ボス。 | 2006/01/13 1:15 AM |

はじめまして。
加奈さんの【コトノハつづり】から飛んで参りました。
残念ながら初演は観ていないのですが、初演では音楽を前面に出した演出で
それが反省点だったらしいのです。だけど う〜ん、永遠の少年だった野田も
ちょっぴり大人臭くなったかな...と 高揚感に欠ける舞台に
形ばかりの拍手しかできなかった私がいました。

勘太郎主演の『走れメルス』は、チケットが取れなかったので これまた
観ていないのですが、20年くらい前‘夢の遊眠社’時代 本多劇場での公演を
観たのが 野田初体験で、『透明人間の蒸気(ゆげ)』などは 当時の雰囲気があって
存分に楽しめただけに、今回は ちょっぴり期待はずれだったのです。

はじめましてで、いきなり生意気で 申しわけありません。
うちは、娘が踊ります。
舞台は、演劇の他にダンスも観に行きます。
| mayumi | 2006/01/17 8:39 AM |

こんにちは。トラックバックさせていただきました。
私ははじめてだったのでとても楽しかったけれどいろいろな
感想があっておもしろいですね。

わたしも靴が気になりました。
ただ皆が同じように俊敏に動くためには
しかたなかったのかしらと思ってましたよ。
| じぇ | 2006/01/17 9:34 PM |

>mayumiさん
コメント&TBありがとうございます!
そーですかー…うーむ、昔を知らないからなぁ。
mayumiさんはいっぱい舞台観られてるんですよね?オススメは何ですか??
私は観劇シロウトなので、役者さんが目の前で演じてるだけで感動してしまうのですー。

>じぇさん
コメント&TBありがとうございます!
靴、やっぱ気になりますよね。
ジャズシューズとか「動きやすいけど目立たない」靴にすれば良いのにー!と思ってました。
でも、ファンの方によると「ナイキ派」と「アディダス派」に分かれてるらしいですよ?(笑)

また遊びにいらしてくださいね!
| ボス。 | 2006/01/18 1:06 AM |

えーとお久しぶりです。って誰か分かるかしら・・・・
元ちぇりーのゆきです。
実はたまーにこーっそり見てたりしました・・・

私の大好きな野田さん舞台についてだったからついついコメントを。
スニーカーは私も終始気になってたよ。
音の使い方が面白くて私は好きだった。
松さん、立ち姿が本当凛としてて美しかったよね。
古田さん、野田さんは相変わらず面白かったー
妹役の子がかなり私は印象に残ってる。声とか、表情とか。

野田作品は赤鬼が本当お薦めよ!
いやー舞台は面白いよね。
ではでは
| Yuki | 2006/03/08 12:54 AM |

>Yuki
えええっ!?久しぶりすぎだよアンタ!
元気なの?赤鬼は見そびれたんだよね〜残念。
| ボス。 | 2006/03/08 1:19 AM |

sdasad
dfs
sdffdsds
| asd | 2006/03/24 3:03 PM |

本当に久しぶり過ぎだね(笑
なんとかまぁ元気でやってるよ!!!(仕事以外
相変わらず踊ってるしね☆
赤鬼は再演やったら見るべし!
| | 2006/04/04 12:24 AM |










http://jaggyboss.jugem.cc/trackback/630
贋作・罪と罰(12/30マチネ・05年観劇納め)
2005年観劇納めの「NODA・MAP 贋作・罪と罰」見てまいりました。12月の楽日でした。
| くまのすけの素浪人つれづれ日記 | 2006/01/09 11:26 AM |
NODA MAP「贋作 罪と罰」
限りなく何もない舞台。音楽も限りなく抑えられていました。 最小限という言葉よりも更に排除されていたように思います。 舞台を彩るのはほとんど椅子という小道具だけ。 音楽を彩るのはほとんど役者が奏でる効果音だけ。 それでも全てのシーン・景色を眼前に見事に現出
| 在り得ない会社の日記~ホワイトベースをつくるんだ!~ | 2006/01/09 12:09 PM |
NODA MAP「贋作 罪と罰」~役者編~
(1)松たか子さん 野田作品のミューズと言えば 大竹しのぶ:狂っていく。ただし、機微が細かく底抜けに可愛い。 時に納得の行かない行為にも納得感を与えてしまう。 深津絵里:本質的に可愛い。本質的に狂気。少年性と少女性。 笑顔の殺人者。過程では
| 在り得ない会社の日記~ホワイトベースをつくるんだ!~ | 2006/01/09 12:11 PM |
NODAMAP『贋作・罪と罰』(2回目)
本日が、今年の観劇納め。クリスマスイブの渋谷は激コミだった。 初日にみた時にはあまりにも役者の演技に目を奪われてしまって、冷静に話しにはいりこむことができなかった気がする。 中央に菱形の舞台を設置して
| 狐の穴にて | 2006/01/09 10:10 PM |
シアターコクーン『NODA・MAP 贋作 罪と罰』1回目 A席2階前列上手寄り
シアターコクーン『NODA・MAP 贋作 罪と罰』1回目 A席2階前列上手寄り 野田作品はほぼ初見といっていいです。舞台は円形劇場のように設置され、舞台前方、後方、両方に座席がありました。私の席はA席の2階前列上手寄りでしたので役者の細かい表情はきちんと見えない
| Snowtree わたしの頭蓋骨の下 *鑑賞記録* | 2006/01/10 5:28 PM |
渋谷にて
今日は、高校時代の演劇部仲間と3年振りの再会。 NODA・MAPの『贋作・罪と罰』を観に行ってきました。 野田秀樹は、脚本借りたり映像みたりはしたことあるけど舞台は初めて。 すっごく期待していったら、うん、野田だった。 いくつかのモチーフを繰り返すとこ
| nine days' wonder | 2006/01/11 9:46 PM |
お出掛け有効利用
新春 初観劇は渋谷は東急文化村シアターコクーン。それならば...と 朝8時にうちを出て、まずは同じ建物の6階‘ル・シネマ’で 年末から観たい観たいと思っていた映画を観て参りました。 『歓びを歌にのせて』(劇場にて) 制作国:スウェーデン(2004年) 監督:ケイ・
| たまごのなかみ | 2006/01/17 8:42 AM |
野田MAP「贋作・罪と罰」を観ました
design++dalu++「贋作罪と罰」野田MAP第11回公演Bunkamuraシアターコクーン東部伊勢崎線から一気に半蔵門線渋谷までビューン。便利!野田MAPのお芝居は一度も観たことありませんでした。(テレビで堤真一さんのキルを観たくらい。)スミレちゃんがお年玉代わりに招待してく
| ききみみや・明日が楽しみ! | 2006/01/17 9:44 PM |
贋作・罪と罰
 一昨年見た『透明人間の蒸気』がイマイチで、  去年の『走れ!メルス』はパス。  その噂もあまり芳しくないように思ったの
| 海紘の日々是雑感 | 2006/01/18 10:13 PM |
贋作・罪と罰 at シアターコクーン
1月21日 ソワレ NODAMAPの「贋作・罪と罰」を観てきました。この作品は95年にNODAMAPの2回目公演として上演されたもので、これが再演となります。出演者は松たか子/古田新太/段田安則/宇梶剛士/美波/マギー/右近健一/小松和重/村岡希美/中村まこと/進藤健太
| えみろぐ | 2006/01/23 1:26 AM |
明日が千秋楽!NODA・MAP『贋作 罪と罰』観てきました。
今日は久しぶりに観劇して来ました。渋谷・BunkamuraシアターコクーンにてNODA・MAP「贋作 罪と罰」。脚本・演出:野田秀樹。主演は、松たか子。主な出演者は、段田安則・古田新太・マギー・宇梶剛士など。長男は実家に預け、次男はセルリアンタワーの託児室に預け、い
| みみおの素晴らしきTOKYOライフ | 2006/01/29 12:39 AM |