踊るOL。

 肉を囲んで踊るよGO!GO!

<< 【移行済】営業女子だけでなく悩める女子必読!『折れない営業女子になるための7つのルール』太田彩子 | main | 「人の話を聞く技術」の意外な盲点は「声色」にある!声に感情を混ぜて相手にどんどん話してもらおう。 >>
ふすまパン(ブランパン)+サブウェイの○○抜きで低糖質なゴチソウにしよう。
top_sandwich
photo credit: Chicken MD´s baguette via photopin (license)

昨日に引き続き、SUBWAYで健康になろうネタ。

ダイエットに関心のあるヒトなら「低糖質ダイエット」って聞いたことがありますよね?
糖質カットと炭水化物カット、どちらが良いのか?みたいな論争も、しょっちゅう耳にします。

「SUBWAYのパンって、めっちゃ糖質も炭水化物も含まれてるじゃん!健康じゃないよ!」
なーんていう話も聞こえてきそうなので、それに対して予め反論というか、こういう方法もあるよ!と提案しておこうと思ったのが今回(ちなみに、そーゆー面倒くさいクレームは今のところ届いておりませぬw)


SUBWAYでは野菜の量を調整可能なことは前回の記事で述べました。
実は、野菜以外にもカスタマイズできるモノがあるのです。

それが「○○サンドの"パン抜き"」というオーダー方法。
サンドイッチ ― パン =サラダ
という図式が成り立ちます(キリッ

コレをさらに「○○サンドを"パン抜き"&野菜上限」とオーダーすれば、山盛りサラダになります(笑)

サラダだけでもアリなんですが、やっぱり何かお腹空きそう…と思ったので、ローソンで販売されている「ブランブレッド」に挟んでみることにしました!

※ブランパンとは、小麦と米の外皮=ブランを使用したパンで、一般的なパンよりも低糖質なのが特徴。
ちなみに小麦の表皮には、食物繊維・鉄分・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などの栄養成分が豊富に含まれているそうですよ!

※ブランブレッドの糖質は7.3g、カロリーは219kcalです。


実際にオーダーしたのがコチラ↓
SUBWAYブラン01

今回は「ローストチキン ハニーマスタードソース」のパン抜き。
レギュラーサイズ289kcal − パン(ウィート)180kcal=109kcal。
野菜上限は1.5〜2倍量なので、109kcal × 1.5〜2=約164kcal〜218kcalとなります。

ちなみに、パン抜きにしても価格は変わりません。容器代かな?

SUBWAYブラン02
ブランブレッド。

並べてみました。サラダがいかに大量か分かりますねw
SUBWAYブラン0

コレを真ん中から割って…
SUBWAYブラン04

挟むッ!
SUBWAYブラン05

めちゃハミ出てるうえに、けっこう余ります。
並べた写真を見て分かるように、ブランパン1個に収まる量ではありませぬ。

メイン(今回はチキン)を全部挟んでしまうと、余るのはサラダのみという悲しい状況になるので、1枚くらいはメインを残しておいたほうが良いかもしれません。


というわけで2日連続のSUBWAYネタ、いかがでしたか?
個人的な感想ですが、ブランブレッドに挟まず、別々に食べても良いかも…と思いました(笑)


ではまた!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | このお店がスキだ。 | |TOP↑ |









http://jaggyboss.jugem.cc/trackback/2699