踊るOL。

 肉を囲んで踊るよGO!GO!

<< さらば、我が相棒。 | main | プレゼントは”モノ”より”時間”が嬉しい。 >>
【キャリア】誰かの「背中を押す」ということ。
Push
Push / Thristian


こんばんは!最近、電話でキャリアカウンセリングとゆーか、人生相談を受けまくりな踊るOLです。

今日は、年下の友人が、キャリア相談?人生相談?をしたいというので、久しぶりにサシで飲んできました。

詳細はプライバシーに触れるのでアレですが、現在のシゴトと、新しく誘われているシゴトの間で揺れている彼女。事前にメールのやり取りをしたところ、どうやら新しいシゴトに心は決まっている様子。


さて、アナタなら、彼女に何てアドバイスしますか??

ワタシなら、シゴトのカウンセリングの場合であれば、
…と言いつつ、○○さんの気持ち、既に決まってるんじゃないですか?
って水を向けてみます。

ココロが決まってる時点で、それを無理に覆そうとしても、お客さまの信頼を失いかねません。

プライベートだって同じですよね?
たぶん、今日相談してくれた彼女は、誰かに「いいじゃん、それ!」って背中を押して欲しかったんだと思います(思います、というか、「押して!」って言われたけどw)


プライベートの友人にそんなヒトはいませんが、シゴトでごくごく稀に、
「アナタが良いって言うから転職したのに、上手くいかなかったじゃないか!」
とクレームをいただくことがあります。

「そんなヒトいるんだ?」って思われるかもしれませんが、いるんです^^;

でも、上記の「転職」を他のコトバに置き換えたら、結構こーゆーこと言ってしまってるヒト、見かけませんか?

何か問題が起きた時に、他人や周りのモノ・環境のせいにすることを「他責」と言いますが、自分の人生なんだから、「自分で選んだ」道を歩きたいですよね〜


友人の新しいシゴトへのワクワク&キラキラでいっぱいの(ちと疲れてたけどw)顔を見ながら、自分で選んだコトは強いな〜と思ったのでした。ちゃんちゃん。


ではまた!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 | comments(0) | OL奮闘記。 | |TOP↑ |









http://jaggyboss.jugem.cc/trackback/2235